オリジナルパーカー

チームを盛り上げるのにも便利なオリジナルパーカーを選ぶコツ

パーカーで自分アピール

座っている女性

私自身、パーカーをよく着ますが、一応お洒落に着こなしています。冬の寒い時は、内側が起毛の温かめでフード付き、フードの周りにファーが付いているもの。少し肌寒い時に着る時は、普通のコットン生地の少し厚めで、フードは取り外し可能、またはフードはなく胸元から始まるジッパーなど、色々こだわりがありますが、パーカーを着て見窄らしくなってしまうとアウトです。アメリカの大学に通っていましたが、有名大学は絶対にオリジナルパーカーがあって、しかも結構な値段です。
例えば、UCLA(University/of/California/Los/Angeles)のパーカーを着てる人は、頭が良いんだなぁって思うし、結構な年配の方が、まだカレッジパーカーを着ていたら、卒業生で出身校を誇りに思っているんだなと思います。アメリカに住んでいると、カレッジパーカーはすごく目に付き、あぁこの人はこの州の出身かとか、すぐに判断できます。かなりの数の大学生がカレッジパーカーを着て、それがトレンドで自分のアピールなんだと思います。
私は、カレッジパーカーではなく、有名フィットネスクラブの脇腹にカーブがかかった細く見えるタイプでフードはなく、セクシーに見えるので胸元から首までのジッパータイプを愛用していますが、それもカレッジパーカーと同様、ここのフットネスクラブに通っているというアピールで愛用しています。

Menu